FX デイトレ生活で成功している人の共通点とは?

FXで優雅にデイトレ生活してみませんか?怪しいFX商材のキャッチコピーみたいですね(笑)。FXをはじめると、今の仕事をやめてデイトレ生活をしたいなと夢にみてしまいます。

実際にFXのデイトレ生活で立派に生計を成り立たせている専業トレーダーもいます。

[ad#co-1]

ここでは、FXデイトレ生活で成功している人の共通点を探ってみたいと思います。

FXのデイトレ生活とは?

FXでデイトレ生活と聞くと、まず時間に制約されず自由な時間が多いのではないかと想像しますよね。実際にそうです!為替市場は24時間オープンしているので、自分の好きな市場と時間帯を選ぶことも可能です。

さらに、FXデイトレ生活では、うざいボスもいなければ、うるさいお局もいないので、人間関係に疲れることはありません(笑)。とにかく気持ちも時間も自由です。まるで猫になった気分です!

もちろん各個人のライフスタイルやトレードスタイルにもよりますが、一般的なデイトレ生活はこんな感じではないでしょうか?

7時      起床、コーヒーを飲みながら、昨夜のニュースや経済指標をチェック。

7時半     朝食

8時      チャート分析や本日のトレード計画

9時      東京市場のデイトレ開始 エントリーチャンスがない時はFXのお勉強

12時     ランチ

13時-15時  散歩やジムなどの運動、読書などブレイクタイム

15時     ロンドン市場へ向けてのデイトレの準備

16時     欧州市場オープン デイトレ開始

18時     ロンドン市場オープン

21時     トレード記録をつけ、チャート検証などをして今日のトレードを振り返る。

23時     就寝 (ニューヨーク市場に参加しない場合)

トレーダーによっては、東京市場はスキップして、ロンドン市場とニューヨーク市場だけデイトレする人もいるでしょうし、チャンスがあればどの市場でも構わずデイトレする人もいるでしょう。

いずれにしても、自分のライフスタイルに合わせて、スケジュールを決められるのも、FXのデイトレ生活の利点だと思います。

十分な資金がないとFXデイトレ生活は成り立たない

FXでどれぐらい稼げれば生活していくのに十分と感じるかは、人によって違うと思いますが、FXでデイトレをする以上、平均的なお給料よりはちょっといい収入が欲しいのではないでしょうか?

しかし、デイトレ生活をはじめるにも、最初は十分な資金がないと難しく、そもそも生活自体が成り立たないと思います。

FXに使える資金が少ないと、毎日なるべくたくさんのPIPSを獲得しないといけないので、優雅なデイトレ生活ではなく、かなりストレスの多いデイトレ生活になってしまいます。

例えば、100万円でレバレッジ4倍、ドル円のデイトレをした場合、20PIPS獲得すると約6,000円ですが、1000万円の資金があれば、同じ20PIPSでも約70,000円になります。1PIPの重みがこんなに違うんですね。

同じ条件で、100万円の資金で毎日20PIPSを獲得できたとして、月に12万円ほどにしかなりません。これでは、独身であっても生活はかなり厳しいですよね。

500万円の資金だと、同じくレバレッジ4倍でドル円のデイトレをした場合、20PIPS毎日獲得したと仮定すると、だいたい月に68万円になります。もちろん、税金などを納めなければならないですから、実際の手取りはこれより少なくなります。

それに、毎日必ず20PIPSというのは理想であって、体調の悪い日や負け越す日もあるでしょうから、シミュレーションどおりにいかないこともあります。

[ad#co-2]

加えて、資金も500万より増やしていくことが理想ですから、利益分を全て吐き出してしまうのは、運用効率も悪くなってしまいます。もちろん、少しは貯金もしたいですよね。

家族を養ったりしていれば、なおさら、ぎりぎりの資金でのデイトレ生活はストレスの多いものになってしまいますので、理想をいえば資金は700万円から1000万円は欲しいところです(笑)。

それでもFXでデイトレ生活をしたい!

現在、仕事をしながら、FXトレードで中長期の売買(スイングなど)で自分のお給料を上回るような利益を安定して継続的に上げているのなら、専業のデイトレ生活をはじめてもいいかもしれません。

ただ、仕事が嫌とかボスが嫌いといった理由で仕事を突然やめて、いきなりFXで食べていこうというのは大変危険です。おすすめしません!

お給料なら毎月必ず同じ金額が銀行に入金されますが、FXの場合、必ずしも同じ金額が稼げるわけではありません。家賃が払えない、子供の学費が払えない、食費がない、医療費が払えない、といった状況に陥ってしまっては、「優雅なFXデイトレ生活」どころか「地獄のFXデイトレ生活」になってしまいます。

それから、デモ口座で稼げるようになったからといって、いきなりデイトレ生活に入ることもしない方がいいと思います。

デモ口座では勝てていたのに、自分の資金でデイトレをはじめたら、途端に勝てなくなったという話をよく聞きます。自分の資金でしっかり勝てるようになるまで、デイトレ生活はおあずけです。

まずは、FXトレードで2,3年勝ち越していること、お給料を上回った利益をあげていること、FXに使える十分な資金があること、そして、FXに使う資金のほかにも、ある程度の貯金を持っておくことが、デイトレ生活をはじめるための最低条件だと思います。

FXのデイトレ生活で成功している人の共通点

FXのデイトレ生活で成功している人は実際にいます。FXでデイトレをしている人はギャンブラーみたいにギラギラしていて、自信家のような人を想像するみたいですが、実際はすごく謙虚で真面目な感じの人が多いように感じます。

不思議なことに、欲深い人はFXで勝ち続けるのは難しいのです。すごく矛盾しているのですが、勝ちたいとか稼ぎたいという気持ちが強いと、実は勝ち続けられないのです。

だからなのか、デイトレ生活している人は、結構、スピリチャルだったり、修行僧みたいだったりします。FXに勝たせていただいているぐらいの謙虚な気持ちで、「今日もありがとうございます!」といつも感謝しています。瞑想をして、常に、平常心を保ち、心身ともベストな状態で、トレードを心がけている人が多いです。

イチローみたいな感じで、自分の毎日のルーティンを持っていて、規則正しく、自分に厳しく、研究熱心です。自分が行ったトレードの記録をつけ、必ず検証や反省をしています。自己啓発も怠らず、読書をして、常に、どこからでも知識を吸収しています。

デイトレ生活はある意味孤独なので、孤立しないようにFXトレーダーの仲間をもち、刺激しあっていす。

とはいえ、自分のトレード手法は確立しているので、自分はドル円を売るつもりの時に、トレード仲間が買うといっても、自分のトレードに自信があるので変更したりしません。自分のトレードルールや手法をきちんと守れるだけの強さを持っています。

デイトレ生活は、自宅でPCの画面を眺めていることが多いため、どうしても運動不足になるので、ジムに行ったりウォーキングに行ったりと体のメンテもおこたりません。

逆に言うと、こういったことが出来ない人は、デイトレ生活には向いていないかもしれません。もし、自分は違うなと思ったら、少しずつ、今の自分の生活に取り入れていけば、実際にデイトレ生活に入った時に、スムーズにいくのではないでしょうか?

まとめ

FXでデイトレ生活という自由な響きに憧れる人も多いと思いますが、残念ながら、楽して稼げるようなことはFXの世界でもありません

FXで成功している人は、ギャンブル的な発想でトレードをすることはなく、あくまで自分の資金を守りつつ、堅実的に増やすことに注力しています。

デイトレ生活をするには、まずきちんと資金計画を立てて、どれぐらいの利益を上げれば生活できる(あるいは満足できるのか)、その為にはどれぐらいFXに使える資金を用意したらいいのかを考えてみてください。

そして、仕事をしつつ、FXトレードの勉強に励みながらトレード経験を積んでいくことをおすすめします。FXのデイトレ生活は不可能なことではないので、夢のデイトレ生活に向けて頑張りましょう!

こちらの記事もご覧ください。 ⇒長期足のチャートは最強!?FX短期売買で利益をあげるコツ

スポンサーリンク